削減項目

削減項目

損害保険のコスト削減について

損害保険イメージ画像

(1) 損害保険のコスト構造

損害保険とは、偶発的事故により生じた損害を補償するのが目的であり、自動車保険や火災保険などのノンマリン分野と、貨物保険や船舶保険などのマリン分野とがあります。
損害保険の保険料は、保険会社が予想する損害率に応じて保険料が決定されます。

(2) 損害保険の業界について

2018年から2019年にかけ、2年連続で火災保険料率が改定(約5%上昇)され、2021年1月にはさらに約5%の上昇が予定されています。2018年、2019年の台風損害に象徴されるように、近年の自然災害がもたらす被害は顕著に増大しています。このため火災や物流といった物保険の分野は保険料率の上昇圧力が強く、当面同様の傾向が継続することも推測されます。

(3) 損害保険のコスト削減のポイント

損害保険のコストは、損害の種類に応じた発生の頻度と損害発生時の損害の大きさを検討し、最適な補償内容を把握し、そのうえで、保険代理店と交渉を行うことで、コスト削減を実現いたします。

(事例)損害保険の減額
小売業A社 削減前53,000千円→削減後39,000千円(▲14,000千円、▲26%)
小売業B社 削減前3,800千円→削減後3,230千円(▲570千円、▲15%)
製造業C社 削減前35,000千円→削減後27,300千円(▲7,700千円、▲22%)
お電話でのお問合せ
[フリーコール]0120-992-255
copyright © wizardz plus all rights reserved.