削減項目

削減項目

自動車保険のコスト削減について

自動車保険料イメージ画像

(1) 自動車保険のコスト構造

自動車保険=純保険料+付加保険料
純保険料は将来保険金として支払う為の積立部分となります。付加保険料は保険会社社員の人件費、代理店手数料、営業経費となります。コスト構造は純保険料約6割、付加保険料約4割の割合となっています。

(2) 自動車保険の業界について

自動車保険の加入には代理店型自動車保険と通販型自動車保険の2種類があります。代理店型自動車保険のメリットは代理店担当者のアドバイスを受けながら対面して契約を結べることです。また、通販型自動車保険のメリットはコストが安く抑えられるということです。後発組の通販型自動車保険は、代理店などの人の手をできるだけ介さないことで、コストを抑えることで保険料の安さを売りにしています。代理店型の自動車保険と比べると、同じ条件でも3割以上も保険料が安くなることもあります。

(3) 自動車保険のコスト削減のポイント

自動車保険の削減のポイントは、車両保険・賠償保険の免責金額設定を実際の保険使用頻度や保険使用が回数・車両台数などをを見直すことにより加入保険の見直しを実施することで保険料の削減を実現いたします。また、人身傷害の場合は、自動車事故は労災適用となり、別途労災上乗せ傷害保険等の加入をすることで、補償を下げたり、外すことで、現状加入している保険の見直しを行ない保険料の削減を実現することが可能です。

(事例)年間自動車保険の減額
建設業A社 削減前5,000千円→削減後3,500千円(▲1,500千円、30%)
派遣業B社 削減前3,000千円→削減後2,550千円(▲450千円、15%)
介護業C社 削減前2,000千円→削減後1,300千円(▲700千円、35%)
お電話でのお問合せ
[フリーコール]0120-992-255
copyright © wizardz plus all rights reserved.