コスト削減のターゲット

コスト削減のターゲット

一口にコストといっても、企業には多くのコストが発生しており、業種業態、企業規模、従業員数などによってもそのコストは多岐に渡ります。弊社では100社以上の企業におけるコスト削減コンサルティングに着手し、その全ての企業においてコスト削減を実現しております。

コスト削減プロジェクトは、即効性があり、かつ企業の利益増加に直結いたしますので、プロジェクトを推進、実行していくにあたっては、重要なポイントがいくつかございます。

第一のポイントとして、「コスト削減のターゲット」を明確にすることがあげられます。この「ターゲット」を絞り込む作業にあたっては、現状発生しているコストを漏れなく、網羅的に把握することが必要となります。決して、多くの費用が発生しているコストだけを重点的にメスを入れることが、コスト削減のゴールではありません。コスト削減のゴールは、現在発生している全てのコストから、無駄なコスト、不要なコストを見つけ出し、それらを全て排除することによって、企業は発注する全てのサービス、物品等に対して適正なコストを支払うこととなり、それが弊社の考える「コスト削減コンサルティング」のゴールであるといえます。

ただし、企業には多岐に渡り多くのコストが発生しており、その支払データや請求書・契約書は膨大であり、コストはあらゆる勘定科目に振り返られているため、勘定科目単位で発生コストを分類しても、多くのコストの中から「コスト削減のターゲット」を抽出し、無駄なコスト、不要なコストを見つけ出す作業は不可能であるといえます。

弊社では多くのコスト削減着手事例から、各企業におけるコストを弊社独自に分類することで、コストを漏れなく網羅的に可視化いたします。この可視化した分類表を元に、弊社独自の手法から、コスト削減となるターゲットを抽出し、個別具体的なターゲットとなるコストの分析・調査実績をスムーズに実行し、コスト削減を実現することが可能となります。

このサイトをご覧になった皆様で、「自分の会社はいったいどのコストを削減のターゲットとすればよいのだろうか?」と思われた方は、是非弊社までお問い合わせください。

大項目 中項目 大項目 中項目
(1)事務 社内 (5)物流 荷役
経営 倉庫
株主 配送
(2)施設 保有施設 (6)生産 開発
賃借施設 調達
(3)営業 社外顧客 製造
社内 (7)人材 マネジメント
(4)IT 社外(顧客) スタッフ
社内 人材派遣
お電話でのお問合せ
[フリーコール]0120-992-255
copyright © wizardz plus all rights reserved.