経営アドバイスコラム

事業再生・企業再建中小企業金融円滑化法と経営改善計画について

5. 今なすべきこと

そこで、冒頭の疑問、円滑化法が終了しても、不利益なく(債務者区分を落とされることなく)再びのリスケに応じてもらえるだろうか、という点についてだが、以上にみたように、実現可能性の高い経営改善計画を策定し、定期的な進捗報告を行えば、道は開けるであろうと思われる。

お電話でのお問合せ
[フリーコール]0120-992-255
copyright © wizardz plus all rights reserved.