会社概要

コンサルタントインタビュー(2)

経歴

専務執行役員 嶋田義久

大学卒業後、準大手ゼネコンにて原価管理業務に従事。その後不動産デベロッパーにて約8年間、IPO、財務、経営企画のマネジメント業務に携わる。2010年11月よりウィザーズプラスに参画

企業を取り巻く環境の変化が今日ほど激しく、企業経営者が迅速かつ柔軟な対応を迫られるような時代はこれまでになかったのではないでしょうか。

先行きの見通しの予測が困難な状況にあるからこそ、損益改善の重要性を意識してコスト削減に取り組むべきと考えている経営者は非常に多いはずです。実際にそのような企業様から我々はコンサルティング業務を受託していますが、一方で「社内でコスト削減を徹底させている」、「他社に頼むくらいなら社員にやらせる」、「他に優先順位の高い課題がある」等々の理由で、コスト削減の重要性を認識しながら外部委託に消極的な経営者が多くいらっしゃることも事実です。

しかし、それで本当に良いのでしょうか。是非考えていただきたい。

例えば、貴社が自力でコスト削減しているとしても、世間一般の調達水準と比較して適正な単価を実現したか明確な基準をもって検証できていると言い切れるのだろうか?

例えば、貴社が合理化で管理部門をスリム化しているならば、従業員の負荷が増す中で、本腰を入れてコスト削減に取り組む人的資源を確保できているのだろうか?

例えば、貴社が他の優先順位が高い課題に取り組んでいる間に競合他社は着々とコスト競争力を強化しているのではないだろうか?

我々は、「早期」に「適正コスト」を「負担なく」実現するための貴社経営企画あるいは総務部門のアウトソーシング部隊です。豊富な事例と専門的見地からコストの適正水準を評価し、削減ロジックを構築し、そして現場に過度な負担をかけることなく短期間でコスト削減を実現できる点に価値を見出していただけるのであれば、必ずやご満足頂ける成果を提供いたします。

copyright © wizardz plus all rights reserved.